ハードディスクを物理的に破壊してデータ漏洩防止 パソコンを廃棄する前にHDDからデータを完全消去 名古屋近隣出張可能

ハードディスク破壊

ハードディスクを物理的に破壊して修復不能に

・フォーマット、ゴミ箱で廃棄したデータは簡単に復元できます!

パソコンを廃棄する前に、必ずデータ消去もしくはハードディスクを破壊して、修復不能にしましょう

   

医療機関・学校・企業・放送局・官庁で使用されているパソコンには 企業機密や個人情報が満載!

 近年の情報漏洩のひとつにあるのがこの廃棄パソコンからのデータ流出です。通常の場合は、もともと廃棄の予定なので、データを消去したりといった一手間をかけることなくそのまま処分するのですが、その過程ではまだハードディスクにはデータが残っています。

特に法人で使用していたパソコンからは顧客情報や会社情報など、そのまま残っているケースもあり、それが狙われているのです。
 

■責任の所在

☆それぞれの立場
☆責任の考え方
使用していたパソコンを処分したい会社
廃棄業者(リース会社)に渡した時点で処分済み
廃棄業者(リース会社)
処分会社、処理会社に渡した時点で作業終了
処分会社、処理会社
パソコンだけでなく様々な処分品が運び込まれてくるため、パソコンもその一部。データ流出に考慮した厳密な管理の元で廃棄作業がされていない場合も多い。

 もしデータが流出して社会問題になった場合は、実際の責任の所在がどこであれ、データを作成した会社が一番の社会的責任を負うことになります。

 

■どこからデータが漏れるのか?

 廃棄に出したパソコンは、様々な会社に渡ることになります。その過程でのトラブルや転売、リサイクルなど、中古パソコンの中には、個人情報が残ったまま販売されているパソコンもあるのです。

 また2019年にはリース会社社員が、回収したパソコンからハードディスクを抜き出し、長年にわたり転売していたため、膨大な社内データと顧客情報が流出し社会問題となりました。

■廃棄するコンピュータやメディアからの情報漏洩

※引用  ■総務省 国民のための情報セキュリティサイト 
         事故・廃棄するコンピュータやメディアからの情報漏洩

 

■データ救出技術

 弊社サービスに「データ救出」がございます。

「突然パソコンが動かない・・・」 そんな時、ハードディスク内のデータを抜き取りデータを救出します。

多くの法人様のデータを救出してきましたが、かなりの障害でも救出可能です。

  • フォーマットしたハードディスクからのデータ救出
  • 削除したファイルの救出
  • カクンカクンと異音がしてパソコンが動かない
  • ハードディスクが燃えた
  • ハードディスクが水没
  • ハードディスクがまったく動かない

これらの状態でも数々のデータを救出してまいりました。

ではこの技術を、もし悪意ある人たちが悪用したならば・・・

 データが流出してしまう原因は、内部者の持ち出しや外部からの不正アクセス、もう一つは破棄したパソコンからデータが流出するケースです。破棄を依頼した業者が確実にデータを消去しているとは限りません。こうしてデータが流出するケースが非常に多くあります。

  多くはリースで引き上げたパソコンなどをフォーマットして販売していたりしますが、技術的にはフォーマットしたハードディスクからでもデータは復旧できるのです。

  こうして会社データ、顧客情報、病院のカルテ、学校の成績表など、重要なデータを残したままリサイクルされ、一般人の手に渡ると言うケースがあるのです。

リース会社やパソコン買取業者に任せっきりという時代は終わり、データを残したパソコンからの廃棄は、必ず自社で消去処置を施し情報漏洩を未然に防ぐ必要があります。

 

■ハードディスク破壊

 ハードディスク破壊は物理的な破壊処理を15秒程度で行います。持ち運び可能ですので、御社へ出張してその場で破壊して復旧不能にいたします。
データが破壊されたかどうか一目瞭然です。

  • ハードディスクのディスク部分に圧力をかけ湾曲させます。
  • ディスク部分に4箇所の穴を貫通させます。
  • 資源としての再利用は可能です。

また、SSD/CD/DVD/MO/FDD/ZIP/携帯電話なども使用不可能にします。


ハードディスク破壊

 

■ハードディスク破壊後の状態


ハードディスク破壊後の状態

ハードディスク内部のデータを記録しているディスク部分が
湾曲して穴が開いた状態と粉々に割れてしまった状態

この状態からデータを復元することはほぼ不可能です
(テロなどの凶悪犯罪で膨大な予算と時間をかけて調査する
アメリカFBIやCIAなら破片から断片データを復元させるかも)


  バラバラになったハードディスク
 

■多数のご依頼をいただいております

 個人情報や機密データを保有している企業や官庁、病院、大学、研究室、放送局様など多数の破壊実績がございます。

  破壊したハードディスク  破壊したハードディスク

破壊したハードディスク 破壊したハードディスク  
破壊したハードディスク   破壊したハードディスク  

 

    

 

■現地作業する際のお願い

作業中はモーター音や破壊音がいたしますので、倉庫もしくは会議室など、通常業務されている場所から隔離できる場所をご用意いただきたいと思います。

電源が確保できる場所でお願いいたします。

作業時間は台数によりますが、30分から1時間ぐらいで終了いたします。

 

■ハードディスク破壊料金

 

出張エリア:名古屋市内、及び近郊
費用: 基本作業費 + 台数

※料金は消費税込み

ハードディスク現地破壊

 

出張して御社内でハードディスクを破壊し内部の記録部を破壊いたします。(従量課金)
・「HDD機能破壊証明書」 を発行いたしております。

作業基本料金
9,800円
出張費 + 破壊作業費
 1〜5台まで1台あたり
1,500円
 
 6〜10台まで1台あたり
1,400円
 
 11〜30台まで1台あたり
1,300円
 
 31台以上
お見積り
 
破壊書類(写真なし)発行
無料
ご希望の場合
破壊書類(写真付き)作成
500円
 
ハードディスク取外し
500円
取り外し済みの場合は不要
破壊後のHDD引取り
無料
破壊費用に含みます

  ※料金の算出方法(出張による破壊サービスの場合) 
     作業基本料 9800円 + ハードディスク台数
 ※駐車費用が発生する場合がございます

 

弊社内での破壊

 

HDDを引き取り、又は郵送でお送りいただき、弊社内でハードディスクの破壊作業をおこないます。
・「HDD機能破壊証明書」 を発行いたしております。

持ち込みの場合、即日対応できない場合がございます

出張費
3,800円
郵送の場合は不要
作業基本料金
3,800円
 
HDD破壊 1〜10台まで
1,000円
1台あたり/HDD取り外し料金込み
11〜25台まで1台あたり
900円
 
26〜50台まで1台あたり
800円
 
破壊書類(写真なし)発行
無料
ご希望の場合
破壊書類(写真付き)作成
500円
 
破壊後のHDD引取り
無料
 

  ※料金の算出方法(弊社内による破壊サービスの場合) 
    作業基本料 3800円 + ハードディスク台数

 

■パソコン/サーバー廃棄料金

 

ハードディスク破壊と同時に、パソコン及びハードディスクを処分する場合

(家庭用)

パソコン本体
1,500円
デスクトップ、ノートパソコン (モニター一体型はお見積り)
モニタ(液晶)
1,500円
モニタ(CRT)

3,500円

17インチまで。17インチ以上はお見積もり。 

周辺機器
2,000円
プリンタ、スキャナなどは一般家庭用の大きさ。業務用の大型の場合はお見積もり
キーボード、マウスなど
無料
パソコン・モニタ廃棄時にサービス

 

(業務用)

パソコン本体
2,000円
デスクトップ、ノートパソコン (モニター一体型はお見積り)
1Uラックサーバー
4,500円
KVMコンソール、1Uルーター
モニタ(液晶)
2,000円
モニタ(CRT)
4,000円

17インチまで。17インチ以上はお見積もり。 

周辺機器
2,000円
プリンタ、スキャナなどは一般家庭用の大きさ。業務用の大型の場合はお見積もり
キーボード、マウスなど
無料
パソコン・モニタ廃棄時にサービス
廃棄証明書発行
無料
ご希望の場合

作業終了後にお送りする書類 (必要に応じて)
 ・パソコン廃棄証明書
 ・電子記録媒体・機能破壊証明書兼報告書 (ハードディス破壊の場合)
 ・電子記録消去証明書兼報告書 (データ消去の場合)

※廃棄パソコンのお持ち込みは現在受け付けておりません。

※パソコンの廃棄のみの場合はこちら

 

ハードディスク物理破壊のお問い合わせ・お申し込みはこちら

破壊するHDD数、廃棄数をご連絡いただけましたら、お見積りをお送りさせていただきます


パソコンサポート119
http://ps119.jp/

愛知県名古屋市北区六が池町369
電話 052-784-5000

Copyright ELF Corporation Co,Ltd. All rights reserved.